こだわりたい!結婚式のエンドロールの作り方

自作のムービーに挑戦する場合は…

披露宴向けの演出はたくさんありますよね。その中でも人気が高いのが、ウエディングビデオと呼ばれる、特別な映像を見てもらうという演出です。ウエディングビデオといえば、今までは新郎新婦の成長やなれそめなどを数分間の映像で紹介するプロフィールムービーが主流でした。しかし、今人気が上昇しているのが、披露宴の終わりに流されるエンドロールムービーなのです。新郎新婦が退場する時に、ゲストの感謝の言葉と来てくれた人の名前が映像と共に流れていきます。無料の映像制作ソフトとムービーに使う写真などの素材を用意しておけば、簡単に自作することもできるんですよ。映像だけでは寂しいので、ブライダルシーンで人気の音楽をBGMに使いましょう。

プロにお願いすることのメリット

自作でもかなりクオリティの高いエンドロールムービーが作れますが、映像制作会社に依頼することにもメリットがあります。エンドロールムービー制作にかかる時間を節約することができますし、プロの手掛けたハイクオリティな映像を会場で流すことができるからです。プロフィールムービーやオープニングムービーもまとめて作ってもらうのもいいですね。最大のメリットは、カメラマンを派遣してもらうことで、結婚式当日の写真や映像をエンドロールムービーの素材として使うことができる点にあります。撮って出しエンドロールと呼ばれるタイプですね。ほんの少し前の自分達が映像になって流れるので、感動もその分大きくなりますし、とても盛り上がりますよ。

© Copyright Wedding Surprise. All Rights Reserved.